タイ最北の街メーサイにあるスーパーリッチ両替所の行き方

スーパーリッチ両替所

タイ最北の街メーサイ(MAESAI)は、ミャンマーとの国境の街で、ミャンマーに陸路で入国する目的で訪れる人も多いのではないでしょうか。

そんな街にも高レートで有名なスーパーリッチの両替所があります。

スーパーリッチの場所

メーサイのスーパーリッチは、タイの出国ゲート(イミグレ)の近くにあるTesco Lotusの脇道を入った所にあります。

Tessaban Road2を100メールほど進むと左手にスーパーリッチがあります。

実際に両替に行くと、お客さんは居ない感じで暇そうした。メインストリートに面した場所ではないので、気が付かない知らない人も多いとお思います。

まさか、メーサイにもスーパーリッチがあるとは思わないでしょう。

両替レートはどう?

メインストリートにある銀行系の両替所との比較では、

銀行系(K)
1万円で3,200バーツ。

スーパーリッチ(メーサイ)
1万円で3,260バーツ。

スーパーリッチ(バンコク)
1万円で3,290バーツ。

両替レートはメーサイの地を考えると、タイ最北地でバンコクのスーパーリッチと30バーツの差だったので、決して悪くないと思います。

銀行系よりは全然良いと思います。他の両替所は銀行系ばかりで、どうせならスーパーリッチで両替した方が得だと思います。

スーパーリッチ両替所

スーパーリッチの営業時間

営業時間
8:30-18:00

スーパーリッチの公式ホームページでは、21時までとなっていますが、窓口で確認したら18時までとの事でした。

20時頃にお店の前を通ったら閉店していました。

あと従業員が1人しか居なかったので、お昼休憩があるかもしれません。

※土日休日の営業有無は未確認。

日本円以外も銀行系より断然良い

銀行系の両替所でマレーシアの通貨、リンギットが余っていたので1,000リンギット(約26,500円分)をバーツに両替しようとしたら、8,200バーツでした。

同日にスーパーリッチでもレートを確認したら、8,500バーツと300バーツも差はありました。

銀行系はメジャー通貨、ドル、ユーロ、日本円など以外はレートが悪いのかもしれません。

最後に

国境の街なので、ミャンマーからタイに入国して、ミャンマーの通貨チャットやドルをバーツに替える人が多いのかもしれません。

ちなみにミャンマーのタチレクは、タイバーツが流通しており、チャットよりタイバーツみたいです。

ミャンマーに入国する際に支払うお金は、タイバーツかドルですが、入国管理官はバーツでの支払いを要求してきます。

ドルなら10ドル(約1,050円)

バーツなら500バーツ(約1,500円)

普通に考えるとのドルの方が得なのですが、、、そこはもうミャンマーですからね。色々あると思います。

この記事が気に入ったら いいね!をぜひ