シンガポールの両替はここで

チャンギ国際空港

シンガポールで日本円をシンガポールドルに両替するとき、どこが一番お得か、実際に歩いて調べてきました。

今は円高傾向にあり、シンガポールドルに両替するのに大変お得になっています。少し前は、1万円で110Sドル付近でしたが、最近は、130Sドル前後が相場になっています。物価が高いシンガポールを旅行するなら、今がチャンスと言えそうです。

両替所ランキング

今回、調査した場所はチャンギ国際空港、ブギス、オーチャード、チャイナタウン、マリーナベイサンズ、クランジの6カ所を調べてみました。

調べて驚いた事があり、他の国とは両替所の傾向が少し違うように感じました。

一般的には、空港の両替はレートが良くないとい言われていますが、なんと、チャンギ国際空港の銀行系両替所は、常識を覆す結果でした。

調査期間8月3-4日(水、木)
1ドル=101円

ランキング

  1. クランジ駅 131.5
  2. チャイナタウン 131.0
  3. 空港(到着ロビー) 130.3
  4. オーチャード 128.0
  5. ブギス 128.0
  6. マリーナベイサンズのショッピングモール内 122.0
  7. オーチャード 78.75

となりました。

131.5は、1万円で131.5Sドルになります。
78.75は、1万円で78.75Sドルになります。

※オーチャード、ブギスは同位。

※マリーナベイサンズのショッピングモール内の両替所は、フードコート一つ上の階にあります。写真を取り忘れました・・。

一番レートが良かったクランジ駅とは?

今回の調査で両替レートが良かったのは、クランジ駅(NS7)でした。クランジ駅って聞き慣れないかもしれませんが、マレーシアからバスでシンガポールに来たことがある人なら知っているかもしれません。マレーシアのジョホールバルから、シンガポールに陸入国して一番近い駅がクランジ駅になります。

クランジ駅前に両替所があり、そこが今回の調査では一番レートが良かったです。ジョホールバルから来る人が多いので、MRTに乗るにはシンガポールドルが必要になり、必然と両替する人が多いのでは?と思います。

johor-bahru-singapore-bus-17

1万円で131.5Sドル

チャイナタウンの両替所

チャイナタウン駅には、中国系、インド系の両替所がたくさんあります。日本円を扱っていない中国元専門の両替所もあったります。チィナタウンの相場は、比較的良くて、1万円で130Sドル付近の両替所が多かったです。

その中でも、下記の紫色の両替所がチャイナタウンでは一番両替レートが良かったです。

この両替所の前にはよく行列が出来ていたので、最初は美味しい食べ物屋さんに並んでいるのかと思っていましたが、実は両替所に人が並んでいました。

この先に両替所があります。見えますか?

1万円で131Sドル

チャンギ国際空港内の両替所

今回の調査で一番驚いたのが、空港内にある銀行系両替所の両替レートが思いのほか良かった事です。

一番レートが良かったクランジ駅の両替所と1.2Sドル(約90円)しか差がありませんでした。

他国の空港なら極端にレートが悪い場合が多いのですが、チャンギ国際空港は違いました。
ターミナル2、ターミナル3の到着ロビーにある両替所をすべて見てみましたが、両替レートはどれも同じでした。

これならチャンギ国際空港で両替を済ませてしまった方が良いと思います。

チャンギ国際空港

1万円で130.3Sドル

ちなみに、Travelexの両替所でSingtelのhi !Travel SIMカードを扱っており、幻の$15版(5日4GB)があります。窓口にSIMの一覧表が置いてあります。SIMカードを買うならここがオススメ。^^

チャンギ国際空港でSingtelのプリペイドhi!Tourist SIMカードを入手する方法

2016.08.06

オーチャードの両替所

オーチャド駅も両替所が多いのですが、インド系ばかりで、レートがイマイチでした。下記の「ION FOOD HALL」と同じフロアにある両替所は、1万円で128Sドルとチャンギ国際空港より悪いですが、オーチャードの中では良い方でした。

1万円で128Sドル

私の考えですが、オーチャードで両替は控えた方が良さそうです。

オーチャードのハイアット側にあるインド系両替所で、今回の調査で最もレートが悪かった78.75がありました。誤表記かと思い店の人に確認したところ、間違いではないそうす。

レートが明らかに悪い場合、日本円は要らないと言っていると同じだと思いますので、間違ってもこの様な両替所で両替はしないでくださいね。お金を捨てるようなものですから、、。

ブギスの両替所

ブギスの両替所といえば、ブギスストリート内にある両替所が一番有名だと思います。ブギスに来たら目にすると思います。

今までは、ブギスストリートは人気のスポットなので、両替レートも良いんだろうなと思って何度か両替しましたが、実際に調べてみたら空港より悪い事が分かり、少しショックでした。^^;

1万円で128Sドル

最後に

今回の調査で、両替するならチャンギ国際空港で両替を済ませてしまった方がお得だという事が分かりました。マレーシアのジョホールバルから陸入国するならクランジ駅で両替する事になると思います。

これからの両替は、チャンギ国際空港のTravelexで両替を済ませながら、SIMカードも同時にゲットですね。しかも、幻の$15のSIMカードも扱っているので、5日程度までの旅行なら節約にもなりますね。

$15のSIMは、5日間有効。データ4GB、国内電話500分、国際電話30分付き。

$30のSIMは、10日間有効。データ14GB、国内電話無制限、国際電話90分付き。

Travelexの窓口で、シンガポールドルとSIMカードを同時に手に入れて、さっさと遊びに行きましょう~!^^

この記事が気に入ったら いいね!をぜひ