シンガポールの出入国カードの書き方(ジョホールバルからバス&日帰り)

シンガポール出入国カード

ジョホールバル(マレーシア)からシンガポールにバス&日帰りの出入国カードの書き方になります。シンガポールの出入国カードが若干変わってますので、新しい出入国カードの書き方をご紹介します!

シンガポールの新しい出入国カード項目

  1. 姓(パスポートと同じスペル)
  2. 名(パスポートと同じスペル)
  3. 性別(男性:Male・女性:Female)
  4. パスポート番号
  5. 現住所(市区町村)
  6. 現住所(都道府県)
  7. 現住所(国)
  8. 搭乗便名(入国時)
    バスで入国してるので「BUS」と記入。
  9. 滞在先
    日帰りの場合、シンガポールに宿泊先がないので遊びに行く場所を書いてください。BUGISで大丈夫です。
  10. 連絡先
  11. 出生国
  12. 生年月日(誕生日)
  13. 滞在日数
  14. 国籍
  15. シンガポール入国直前の乗機地
    マレーシアから入国してますので、「MALAYSIA」と記入
  16. 次の降機地
    マレーシアに戻る場合、「MALAYSIA」と記入。シンガポールから日本に戻る場合は、「JAPAN」
  17. 過去6日間にアフリカまたは南米に行きましたか?
  18. 過去に現在と異なる名前の旅券でシンガポールに入国したことはありますか?
    (旧姓で入国履歴がある場合は「YES」を✔して「HANAKO SATO」の様に書いてください。)
  19. 過去にシンガポール入国を拒否されたことがありますか?
  20. 署名(パスポートと同じ署名)
  21. 姓名(パスポートと同じスペル)
  22. 国籍

 
シンガポール出入国カード

シンガポールからマレーシアの入国

マレーシアは出入国カードの記入が不要ですので、パスポートの掲示だけ大丈夫です。

マレーシアの出入国カードは、2012年6月に廃止。

間違いがあったら教えてね

この書き方でシンガポールのイミグレーションを5回通ってますので大丈夫だと思いますが、もし、上記の書き方で管理官に指摘されたら教えてください!

日帰りで、滞在先の記入欄に「ホテルはありません」と英語で書いたところ、行く場所を書いて欲しいと入国管理官に言われましたので、遊びに行く場所を記入しておけば良いと思います。

この記事が気に入ったら いいね!をぜひ