韓国でVISAデビットカードは使える?

Visaデビットカード

今回は韓国でVISAデビットカードが使えるか色々試してみました。

VISAデビットはVISAマークがあれば基本的使う事が出来ます。

しかし、日本でも高速道路の支払いや一部使えない所がありますが、韓国でもVISAデビットが使えない所があります。買い物は問題なくVISAデビットで支払う事は出来ます。

旅行で韓国に来たときは、両替所で日本円をウォンに両替すれば、VISAデビットを使う場面が無いかもしれませんが、ポジデットを必要とする時にクレジットカードを求められることがあります。

レンタルWi-Fiを借りるときは注意

SKテレコムのレンタルWi-Fiを借りる時は、クレジットカードを求められることがあります。私がSKテレコムのレンタルWi-Fiを借りた時に、デポジットとしてクレジットカードが必須でした。

その場にクレジットカードを持ち合わせていなかったので、代わりにVISAデビットカードを出したのですが、クレジットカードでないとダメだということで、すぐにはレンタルWi-Fiを借りる事が出来ませんでした。

韓国ではクレジットカードを持っていない人はほとんど居ないので、受付の方もクレジットカードが無い場合の対応方法が分からず、本社に電話をして、本社の人と電話で話しました。今回は、イレギュラーとして10万ウォンを預けてWi-Fiを貸してくれましたが、通常ではダメなようです。

なぜ、クレジットカードがないと貸してもらえないのか聞いてみたら、貸したまま日本に持ち帰ってしまう人が多く、その代金を支払ってもらうのにクレジットカードが必要のことでした。

じゃ、VISAデビットでもいいよね?と思ったので聞いてみたら、VISAデビットは口座に残高が残っていないと、決済が出来ないので代金を請求することが出来ないそうです。だから、クレジットカードが必要だそうです。

ホテルのチェックイン時にクレジットカードを求められた場合も同様です。

ですから、緊急の為にもクレジットカードを1枚は持参していった方が安心できると思います。

旅行傷害保険付きクレジットカードはおすすめ

クレジットカードを持っていない人は、旅行傷害保険付きクレジットカードを作っておく事をおすすめします。

旅行傷害保険付きクレジットカードは、海外旅行中の病気やケガを補償する、安心の保険サービスです。保証を受けるには、旅行代金の支払いを対象のクレジットカードで支払うなどの一定の条件がありますが、万が一の事を考えると安心できると思います。

海外旅行に行くときに、空港で割高な旅行保険に入る人がいますが、例えば、年会費無料の旅行傷害保険付きクレジットカードなら無駄な出費もなく保険が受けられるのでメリットも大きいと思います。

VISAデビットで韓国のATMからウォンを引き出せる?

日本のVISAデビットカードでも、カードの裏に「PLUS」マークがあれば、韓国の銀行ATMでウォンを引き出す事は出来ます。

韓国ATMからウォンを引き出す操作方法は、VISAデビットカードが発行された銀行のホームページにATMの操作方法が掲載されていると思います。
(スルガ銀行は、ホームページに引き出し方法が掲載されています。)

レートは?

韓国の両替所でウォンを両替するよりレートは悪くなりますが、成田空港や羽田空港で両替した場合よりはマシな感じです。

VISAインターナショナルのレートに、カード発行銀行の手数料を加算した分が口座から引き落としされます。場合によっては、現地銀行側の手数料も加算される場合もありますが、日本の空港で両替するよりは、韓国のATMから引き出した方がお得かもしれません。

2回ほどVISAデビットでウォンを引き出しましたが、レートが悪い印象は無かったです。

あと、一日あたりの引き出せる金額には上限があるので、デビットカード発行銀行のホームページで確認してください。お金を引き出すときは、スキミングなどの被害防止の為、銀行や施設内にあるAMTを利用してくださいね。

この記事が気に入ったら いいね!をぜひ